ロボアドバイザーの選び方

 

日本国内で提供されるロボアドバイザー(ロボアド)の種類も2016年後半以降、一気に増加しました。

そこで「ロボアドバイザーに興味はあるし実際に使ってみたいけど、どのロボアドバイザーを利用すれば良いのか分からない」という方々向けに「ロボアドバイザーの選び方」をご紹介します。

ロボアドバイザーに何を求めますか?

まず最初に、ロボアドバイザーに何を求めますか?

ロボアドバイザーの種類」でご紹介しましたが、ロボアドバイザーには大きく分けて2種類存在します。

1)アドバイス型
2)投資一任運用型

ロボアドバイザーを選ぶ際は、この違いをご理解頂くのが最も重要です。(根本的に異なるサービスです)

1)アドバイス型のロボアドバイザー

アドバイス型のロボアドバイザーは、複数の質問に回答すると「貴方に合った資産配分」と「その資産配分に基づく資産運用が可能な投資信託」を提示してくれます。

ロボアドバイザーの提案を受け入れた場合、その投資信託を自分で購入する流れです。

このアドバイス型のロボアドバイザーの多くは、「バランス型」と言われる投資信託を提案する事が多く、このバランス型の投資信託は、国内株式・国内債券・外国株式・外国債券・RIETなど複数の資産や国・地域に分散投資が行われています。また、リバランスも投資信託内で行われます。

#参考記事:ロボアドバイザーの「リバランス」って何?

つまり、非常に端的に表現してしまうと、アドバイス型のロボアドバイザーは「投資信託選びを手助けしてくれるサービス」です。

アドバイス型のロボアドバイザーから選択する

2)投資一任運用型のロボアドバイザー

投資一任運用型のロボアドバイザーは、複数の質問に回答すると「貴方に合った資産配分」と「その資産配分に基づく具体的なポートフォリオ」を提示してくれます。

そしてロボアドバイザーの提案を受け入れた場合、口座開設や入金を行うと、提案されたポートフォリオに基づき、ロボアドバイザーが実際に金融商品(ETFや投資信託)を購入します。

さらにロボアドバイザーはリバランスを自動で行います。
ロボアドバイザーの「リバランス」って何?

ロボアドバイザーによっては、ポートフォリオ内の銘柄を入れ替える機能も備えています。

つまり、投資一任運用型のロボアドバイザーは「投資・運用をお任せするサービス」です。

投資一任運用型のロボアドバイザーから選択する

まとめ:ロボアドバイザーに何を求めますか?

上記を踏まえ、あなたがイメージする/利用したいロボアドバイザーは、どちらでしょうか?

1)アドバイス型のロボアドバイザーから選択
2)投資一任運用型のロボアドバイザーから選択

1)アドバイス型のロボアドバイザー

2017年5月11日現在で、日本国内で提供されているアドバイス型の主なロボアドバイザーは以下の7つです。

サービス名 提供企業
野村のゴールベース 野村證券
fund eye SMBC日興証券
SMART FOLIO みずほ銀行
ポートスター 三菱UFJ国際投信
FUND ME カブドットコム証券
SBI-ファンドロボ SBI証券
カライス 東海東京証券
投信工房 松井証券

*松井証券の投信工房はこの中では毛色の異なるロボアドバイザーです

それぞれ特徴があり、アドバイス型のロボアドバイザーの選び方は
どのようなスタイルで投資信託の提案を受けたいかで
投資する投資信託は1本にしたい場合
複数の投資信託に投資したい場合
オススメの投資信託を一本釣りしたい場合
の3パターンに大きく分かれます。

■投資する投資信託は1本にしたい場合

ロボアドバイザーの診断結果として提示される資産配分に基づく投資を1本の投資信託で行いたい場合は、
・野村證券の「野村のゴールベース
・三菱UFJ国際投信の「ポートスター
・東海東京証券の「カライス
を利用しましょう。

この3つのロボアドバイザーでは、診断の結果「バランス型の投資信託」が1本だけ提示されます。

具体的には、
・野村のゴールベースは、野村アセットマネジメントの「のむラップ・ファンド」
・ポートスターとカライスは、三菱UFJ国際投信の「eMAXISシリーズ」
から投資信託が提示されます。

■複数の投資信託に投資したい場合

複数の投資信託に投資して分散投資を実現したい場合は、
・みずほ銀行の「SMART FOLIO」
・カブドットコム証券の「FUND ME」
を利用しましょう。

SMART FOLIOは、i-mizuhoシリーズのインデックス型投資信託が提示されます。(オススメのポートフォリオに基づく資産配分を実現するため、複数の投資信託が提示されます)

一方、カブドットコム証券の「FUND ME」はインデックス型の投資信託だけではなくアクティブ型の投資信託も含めて分散投資のポートフォリオを提示します。例えば「FUND ME」で実際に提示された投資信託の一つは「日本株厳選ファンド・ブラジルレアルコース」でした。日本株による資産形成と同時にブラジルの通貨「レアル」にも投資(円売り・レアル買い)することで為替差益も狙う、非常にアグレッシブな投資信託です。

■オススメの投資信託を一本釣りしたい場合

オススメの投資信託を一本釣りしたい場合は、
・SMBC日興証券の「fund eye(ファンドアイ)
・SBI証券の「SBI-ファンドロボ
を利用しましょう。

「fund eye(ファンドアイ)」は、アクティブ型の投資信託も提示されます。6つの質問に回答すると最大3本の投資信託が提示されます。

SBI-ファンドロボでは、
・国内投資信託:約5,000本
・SBI証券取扱銘柄:約2,300本
・ファンドロボ対象銘柄:約350本
の中から、質問への回答に応じて1本〜3本の投資信託を提案します。

2)投資一任運用型のロボアドバイザー

2017年5月11日現在で、日本国内で提供されている投資一任運用型の主なロボアドバイザーは以下の9つです。

サービス名 提供企業 投資対象
THEO お金のデザイン ETF
WealthNavi ウェルスナビ ETF
WealthNavi for
SBI証券
SBI証券 ETF
WealthNavi for
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行 ETF
MSV LIFE
(マネラップ)
マネックス・セゾン・
バンガード投資顧問
ETF
8 Now! エイト証券 ETF
クロエ エイト証券 ETF
楽ラップ 楽天証券 投資信託
ダイワファンドラップ
オンライン
大和証券 投資信託

 

投資一任運用型のロボアドバイザーは「運用実績(トラックレコード)」が少ない(または無い)ため「選び方」が難しいところです。

投資一任運用型のロボアドバイザーでは、運用を丸々任せるのですが、十分な運用実績が存在しないため、その運用方針やアルゴリズムの良し悪しの判断材料が定性的な情報に偏ってしまいます。

投資一任運用型のロボアドバイザーの選び方は
積立投資を行いたい
とにかく低額から始めてみたい
利用者の多いロボアドバイザーで始めてみたい
など「どのような投資を行いたいか」「始めたいか」で絞り込みましょう。

■積立投資を行いたい場合

毎月1万円づつなど、積立投資を行いたい場合は、積立投資に対応したロボアドバイザーがオススメです。

積立投資が可能なロボアドバイザーは
・お金のデザインの「THEO(テオ)
・ウェルスナビの「WealthNavi
・SBI証券の「WealthNavi for SBI証券
・住信SBIネット銀行の「WealthNavi for 住信SBIネット銀行
・マネックス証券の「マネラップ(MSV LIFE)
・エイト証券の「クロエ
です。

なお、各ロボアドバイザーの最低投資額は、
・THEO:10万円
・WealthNavi:100万円
・WealthNavi for SBI証券:30万円
・WealthNavi for 住信SBIネット銀行:30万円
・マネラップ:1万円
・クロエ:1万円
です。

手数料で大差はありません。単純比較が難しいため詳細は「ロボアドバイザーの手数料比較」をご覧ください。

■とにかく低額から始めてみたい場合

「ロボアドバイザーを試してみたい」場合など、低額からロボアドバイザー投資を始めてみたい場合は、
・マネックス証券の「マネラップ(MSV LIFE)
・エイト証券の「クロエ
が最低投資額1万円です。

■利用者の多いロボアドバイザー

選択の決め手がない場合「利用者が多い」というのも一つの切り口です。

2017年5月11日現在、利用者が多いロボアドバイザーは、
・お金のデザインの「THEO(テオ)
・ウェルスナビの「WealthNavi
・楽天証券の「楽ラップ
が代表的です。

#WealthNaviには「WealthNavi for SBI証券」「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」を含みます。

「THEO」の利用者数はサービス開始1年で2万人規模、日本国内の投資一任運用型のロボアドバイザーで、預かり資産額1位(2016年9月末時点、THEOのプレスリリースより)です。

WealthNaviはサービス開始9ヶ月で預り資産100億円を突破しています。
#参考:WealthNaviの預かり資産が100億円を突破!正式サービス開始9ヶ月で

「楽ラップ」はサービス開始3ヶ月で預り残高が50億円を突破しています。
#参考:楽ラップの資産残高はサービス開始3ヶ月で約50億円

なお、大和証券の「ダイワファンドラップ オンライン」は2017年1月にスタートしたロボアドバイザーですが、テレビCMも打っており、今後、利用者数が大きく増加する可能性があります。

<重要>投資一任運用型のロボアドバイザーが適さない場合

投資一任運用型のロボアドバイザーは基本的に「分散投資」を前提にしています。

そのため、分散投資ではなく
・米国の成長株に投資したい
・東南アジアの成長企業に投資したい
・世界のRIETに投資したい
など、投資したい「地域」や「資産」が決まっている場合は、投資一任運用型のロボアドバイザーはオススメしません。

ロボアドバイザーの選び方:まとめ

「ロボアドバイザーの選び方」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

まず、投資信託選びを手助けしてくれるサービスが良いのか、運用を丸投げ可能なサービスが良いのかを決める必要があります。

その上で「どのような投資を行いたいか」「スタートさせたいか」を考えましょう。

関連記事:
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの手数料比較
NISAでロボアドバイザーは利用可能?
ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

 - ロボアドの魅力

  関連ページ

ロボアドバイザー
ロボアド?ロボアドバイザー?ロボ・アドバイザー?

最近注目を集めている「ロボアドバイザー」ですが、新聞・雑誌・ブログ・各証券会社H …

NISA
NISAでロボアドバイザーは利用可能?

長期的な資産形成のために活用されるロボアドバイザーと、回転売買ではなく長期投資を …

ロボアドバイザー
ファンドラップとロボアドバイザーの違い

「ファンドラップとロボアドバイザーで何が違うの?」と疑問を感じた経験はありません …

ロボアドバイザー
ロボアドバイザーとは?

2015年〜2016年にかけて「ロボアドバイザー」という言葉をよく目にするように …

ポートフォリオ
ロボアドバイザーの「リバランス」って何?

ロボアドバイザーについて調べたり実際に利用すると多くの場合「リバランス」という言 …

▲ページトップへ