投信運用会社最大手のアセットマネジメントOneもロボアドバイザー提供へ

 

投資信託運用会社として国内最大手であるアセットマネジメントOne株式会社が、2017年中にロボアドバイザーを提供予定と報道されました。

アセットマネジメントOneが提供する投資信託には、純資産1,000億超えの投資信託も多く、ロボアドバイザーの普及がますます進みそうです。

アセットマネジメントOneってどんな会社?

アセットマネジメントOneは、2016年10月に
・DIAMアセットマネジメント株式会社
・みずほ信託銀行株式会社の資産運用部門
・みずほ投信投資顧問株式会社
・新光投信株式会社
が合併して出来た投信運用会社です。

有名な投資信託では、
・新光 US-REIT オープン(純資産:1兆2,800億円)
・新光J-REITオープン(純資産:1,900億円)
・MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)(純資産:1,800億円)
・日経225ノーロードオープン(純資産:1,400億円)
等があります。

低コスト投資信託として注目の「たわらノーロード」シリーズもアセットマネジメントOneが提供しています。

また、たわらノーロードは、楽天証券のロボアドバイザー「楽ラップ」の組み込み銘柄でもあります。(たわらノーロードのラップ向け投信を提供)

アセットマネジメントOneが提供予定のロボアドバイザー

日経新聞の報道によると
・個人の資産形成ニーズをくみ取り、低コストの投資信託を組み合わせて提案する
・信託報酬を安く抑えた低コスト投信シリーズ「たわらノーロード」の15本をロボアド事業の中心にすえる
とのことです。

出典:日経新聞 資産運用の国内最大手も「ロボアド」参入 アセマネOne(外部リンク)

低コスト投信としてアセットマネジメントOneが提供する「たわらノーロード」の15本を投資対象とする「アドバイス型のロボアドバイザー」ということになります。

似たロボアドバイザーとしては、三菱UFJ国際投信が提供するアドバイス型のロボアドバイザー「ポートスター(PORTSTAR)」が存在します。

ポートスターは、三菱UFJ国際投信が提供する低コスト投信である「eMAXISシリーズ」の投資信託を提案します。

また、ポートスターは地銀等へも提供されている点が特徴です。(参考:ポートスターを提供する金融機関が25社到達

アセットマネジメントOneとしては、ロボアドバイザー活用という観点では、競合の三菱UFJ国際投信に大きく遅れている状況のため、アセットマネジメントOneが提供するロボアドバイザーがポートスターとの違いをどのように打ち出してくるかに期待です。

先述の通り、楽ラップの組み込み銘柄として「楽ラップ専用の専用のたわらノーロード」も提供しているため、個人投資家にとっては楽ラップとの使い分け・比較も注目です。

関連記事:
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの手数料比較
楽ラップ(楽天証券) – ロボアドバイザー紹介
ポートスター(三菱UFJ国際投信) – ロボアドバイザー紹介
ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

住信SBIネット銀行
WealthNavi for 住信SBIネット銀行が登場!

2017年2月28日、住信SBIネット銀行からロボアドバイザー「WealthNa …

エイト証券
エイト証券が東証上場のETFを対象とするロボアドバイザー「クロエ」を発表

海外ETFを投資対象とするロボアドバイザー「8 Now!」を提供するエイト証券が …

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの資産残高はサービス開始3ヶ月で約50億円

2016年7月に楽天証券がサービスを開始した「楽ラップ」の資産残高がサービス開始 …

WealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNaviの預かり資産が100億円を突破!正式サービス開始9ヶ月で

ロボアドバイザー「WealthNavi」を提供するウェルスナビ株式会社は、201 …

じぶん銀行
じぶん銀行がFXのロボアドバイザーを提供準備?!

KDDIと三菱東京UFJ銀行の合弁会社である「じぶん銀行」が、人工知能(AI)を …

▲ページトップへ