SMBC日興証券から投信取引サポートツール「fund eye(ファンドアイ)」登場

 

2017年5月23日、SMBC日興証券が投信取引サポートツール「fund eye(ファンドアイ)」を提供開始しました。

fund eye(ファンドアイ)はロボアドバイザーなの?

実は「fund eye」はSMBC日興証券のプレスリリース中には「ロボアドバイザー」の文字はありません。

出典:投信取引サポートツール『fund eye(ファンドアイ)』を導入(外部リンク:PDF)

ただし、当プレスリリース中でfund eyeの提供元と記されているモーニングスターのプレスリリースには「ロボ・アドバイザーサービス」と記されています。

出典:SMBC日興証券の「fund eye(ファンドアイ)」向けの投信取引サポートツール ロボ・アドバイザーサービスの提供開始について(外部リンク)

そのため、SMBC日興証券では「投信取引サポートツール」としか記載がありませんが、「fund eye」をロボアドバイザーとして紹介することにしました。

fund eye(ファンドアイ)ってどんなロボアドバイザー?

「fund eye(ファンドアイ)」は他のロボアドバイザーとは大きく異なります

まず、ロボアドバイザーの種類としては、アドバイス型です。

THEO(テオ)やWealthNavi、楽ラップ等の投資一任運用型のロボアドバイザーではなく、野村のゴールベースやポートスターと同じく、投資信託を提示・提案するサービスです。

ただし「fund eye」には2つの機能があり、
・「初めての1本を選ぶ」機能
・「リバランスする」機能
です。

「初めての1本を選ぶ」機能

「初めての1本を選ぶ」機能は、SBI-ファンドナビ等に似た機能で、質問に回答すると最大3本の投資信託が提示されます。

野村のゴールベースやポートスター等とは異なり、インデックス型の投資信託だけでなく、アクティブ型の投資信託も提示されます。

下図は診断結果の一例です。

SMBC日興証券のロボアドバイザー「fund eye(ファンドアイ)」の診断結果

「新生・フラトンVPICファンド」はベトナム、パキスタン、インド、中国へ20%、20%、30%、30%を投資するアクティブ型です。

「リバランスする」機能

「リバランスする」機能は、プレスリリースに以下の通り説明があります。

簡単な6つの質問に回答するだけで、お客さまにとって理想的なモデルポートフォリオをご提示します。さらに、お持ちの投資信託の情報を入力すると、モデルポートフォリオとの一致度が表示され、リバランスが必要かどうかの判断材料としてご活用いただけます。なお、追加のご購入資金や売却についてお客さまのご意向を選択していただくことで、お客さまごとに、リバランスプランを作成することができます。

出典:投信取引サポートツール『fund eye(ファンドアイ)』を導入(外部リンク:PDF)

fund eye(ファンドアイ)はもっと試したい

SMBC日興証券のロボアドバイザー「fund eye(ファンドアイ)」はアドバイス型のロボアドバイザーの中でもかなりエッジの効いたロボアドバイザーのようです。

特に「リバランスする」機能については、もっと試したい機能です。

モーニングスターが提供しているということもあり、SMBC日興証券で取り扱っていない投資信託でもリバランスのプラン提示が可能と記載されていますので、現在、投資信託を保有している方なら誰でも利用可能な点もポイントです。

関連記事:
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの「リバランス」って何?
ロボアドバイザーの手数料比較
ロボアドバイザーの選び方

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
新生銀行がTHEO(テオ)を提供へ

2017年5月9日、ロボアドバイザー「THEO(テオ)」を提供する株式会社お金の …

野村證券
野村證券がロボアドバイザー「野村のゴールベース」を提供開始

2016年11月14日、かねてから11月リリース予定とされていた野村證券のロボア …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEO(テオ)で積立投資サービス「THEO積立」が開始!

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」で、積立サービスである「THEO積立」がスタ …

MSV LIFE(マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資一任運用(ラップ)サービス)
マネックス・セゾン・バンガード投資顧問のロボアドバイザー「MSV LIFE」が始動!

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資一任運用サービス「MSV LIFE」 …

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの資産残高はサービス開始3ヶ月で約50億円

2016年7月に楽天証券がサービスを開始した「楽ラップ」の資産残高がサービス開始 …

▲ページトップへ