松井証券のロボアドバイザー「投信工房」の詳細が明らかに

 

松井証券が提供準備中だったロボアドバイザーの詳細が明らかになりました。

松井証券のロボアドバイザーの名前は「投信工房」です。

提供開始予定日は2016年11月28日で、機能面でユニークな特徴を備えています。

関連記事:松井証券が投資信託のロボアドバイザーを提供予定

投信工房の特徴

投信工房は、少し特殊なロボアドバイザーと考えています。

当サイトでは、ロボアドバイザーを大きく分けて「投資一任運用型」と「アドバイス型」の2つに分類しています。

投資一任運用型は、預けた資産運用を完全に任せるロボアドバイザーです。リバランス等を自動で行ってくれるため「勝手に」売買が行われます。

一方、アドバイス型は、あくまでも「この投資信託を購入すると良いですよ」と提案・提示してくれるロボアドバイザーです。リバランス等は自分自身で行う必要があり、あくまでも売買は自分自身で行います。

関連記事:
ロボアドバイザーの種類
ロボアドバイザーの「リバランス」って何?

松井証券のロボアドバイザー「投信工房」は、分類するなら「アドバイス型」の模様です。

ただし、他のアドバイス型ロボアドバイザーが提案に終わるのに対し、投信工房では、購入後「リバランス注文」という、ポートフォリオの資産比率を元の比率に戻す注文機能を備えている等、投資信託の売買発注機能とロボアドバイザーの機能が密接に繋がっていると考えられます。

その他、特許出願中と記載がありますが、ポートフォリオを最適化しながら積立する「リバランス積立」などの機能も備えています。

またユニークなのは、積立を月次だけでなく、週次、日次で行う事も可能な点です。

証券会社各社が提供している、いわゆる「投信積立」サービスは基本的に毎月一定額を機械的に購入しますが、買い付けペースは「毎月」のものばかりです。

「投信工房」では、積立は500円からで、買い付けペースは毎月、毎週、毎日など、自由に設定できます。

松井証券のロボアドバイザー「投信工房」に注目です。

関連記事:
松井証券が投資信託のロボアドバイザーを提供予定
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの手数料比較
ロボアドバイザーの「リバランス」って何?

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

SMBC日興証券のロボアドバイザー「fund eye(ファンドアイ)」
SMBC日興証券から投信取引サポートツール「fund eye(ファンドアイ)」登場

2017年5月23日、SMBC日興証券が投信取引サポートツール「fund eye …

ロボアドバイザー
中国でのロボアドバイザー市場は2020年に5.22兆元(約80兆円)

「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事によると、2020年までに中国のロボア …

リスク管理特化型ロボアドバイザー「投資のおまもり」がリリース

2016年12月1日、リスク管理特化型ロボアドバイザー「投資のおまもり」がリリー …

お金のデザイン
THEOを提供するお金のデザインが8.1億円を調達

ロボアドバイザーの「THEO(テオ)」を提供する「株式会社お金のデザイン」が8. …

MSV LIFE(マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資一任運用(ラップ)サービス)
マネックス・セゾン・バンガード投資顧問のロボアドバイザー「MSV LIFE」が始動!

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資一任運用サービス「MSV LIFE」 …

▲ページトップへ