THEOを提供するお金のデザインが8.1億円を調達

 

ロボアドバイザーの「THEO(テオ)」を提供する「株式会社お金のデザイン」が8.1億円を調達しました。

これで、2013年8月の創業からの累積調達額は25億円を超えます!

出典:グローバル資産運用サービス「お金のデザイン」総額8.1億円の第三者割当増資を実施(お金のデザイン:2016年9月13日プレスリリース)

THEOの手数料は1.0%のため、単純計算で預かり資産100億円で年1億円の売上です。

預かり資産100億円というのは、一つの「投資信託」と考えた場合には決して小さな規模ではなく、人気の投資信託と言えます。

なお、THEOに比べると若干後発になりますが、楽天証券が提供するロボアドバイザー「楽ラップ」がサービス開始1ヶ月で預かり資産10億円を突破しています。

関連記事:楽ラップの預かり残高が1ヶ月で10億円突破 – 楽天証券

#お金のデザインは人件費だけで年1億円を超えていると予想され、かつ、システム構築・保守費なども含めると、とても年1億円の売上では黒字化は困難と予想します。

25億円の資金調達というのは相当大きな規模でもあり、かつ、バリュエーション(企業価値評価)も相当大きいと思われますが、少し期待先行・過熱感を危惧します。

出資者は、いわゆるVC(ベンチャーキャピタル)と言うより、銀行等がFinTechに乗り遅れないための投資という印象が強く、ファンドの償還期限でIPOを迫られたり、バイアウトされたりという事はなさそうですが、この投資を回収可能になるまで成長するというのは、相当高いハードルではないでしょうか。

逆に言えば、それだけ「ロボアドバイザー市場」の可能性が評価されているというとも言えます。

関連記事:
THEO(テオ) – ロボアドバイザー紹介
ロボアドバイザーの市場規模
楽ラップの預かり残高が1ヶ月で10億円突破 – 楽天証券

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

投資商品非保有者の24%がロボアドバイザーに関心あり

東海東京証券が実施したインターネット調査によると、投資商品非保有者の24%がロボ …

野村證券
野村證券が提供予定のロボアドバイザー情報が徐々に判明

先日「野村證券がロボアドバイザーを提供準備中」とお伝えした、野村證券のロボアドバ …

日経新聞
日経新聞による「ロボット・アドバイザー」の定義

2016年8月26付の日経新聞の記事「ロボット運用、日本で起動 世界最大手など2 …

SBI証券
SBI証券がファンドアドバイザー「SBI-ファンドロボ」をリリース

2016年7月21日、SBI証券がファンドアドバイザー「SBI-ファンドロボ」を …

株式会社Finsight
ロボアドバイザーの認知率は21.4%、ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

株式会社Finsightは「ロボアドバイザー認知に関する調査結果」を公表しました …

▲ページトップへ