MSV LIFE(マネラップ)利用者の積立金額は平均3万円/月!

 

日経新聞に「ロボアドのMSV投資顧問は9割が積み立て派」という記事が掲載されました。

この見出しは、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問が提供するロボアドバイザー「MSV LIFE」(マネラップ)の利用者が9割が積立投資を行っている事を指しています。

MSV LIFE(マネラップ)は「マネラップ(MSV LIFE)- ロボアドバイザー紹介」で記載した通り、大きな特徴として「積立」機能を備えています。

実際、ロボアドバイザーで積立投資も行いたい場合、MSV LIFE(マネラップ)はオススメのロボアドバイザーです。
#2017年5月時点では、積立投資のための「入金方法」に問題があります。詳しくは「マネラップ(MSV LIFE)の毎月積立は都度入金?」をご覧ください。

ただ、この記事で驚きの内容は「積立金額の平均が月3万円」という点です。

驚きは、積立金額が平均3万円/月!

MSV LIFE(マネラップ)利用者の9割が積立を行っていることは驚きではありませんが、「積立金額の平均が月3万円」である事は驚きでした。

「投信積立」と言われる投資信託を毎月積立購入する投資が主に証券会社で提供されています。(2018年からは積立NISAも始まることもあり、近年、証券会社が注力している商品でもあります。)

この証券会社が注力している「投信積立」の積立金額を調べると以下の通りです。

例1:野村證券

証券業界最大手、野村證券の投信積立サービスである「ファンドるいとう」契約者の場合、毎月の積立金額は、
・10万円以上:4%
・5万円以上〜10万円未満:10%
・3万円以上〜5万円未満:16%
・1万円以上〜3万円未満:43%
・1万円未満:27%
で、3万円以上の割合は30%です。

#出典:野村證券「投信積立を みんなはどう使っている?」(外部リンク)

例2:SMBC日興証券

総合証券大手、SMBC日興証券の投信積立サービスである「投信つみたてプラン」利用者の場合、毎月の積立金額は、
・10万円以上:7%
・5万円以上〜10万円未満:15%
・3万円以上〜5万円未満:15%
・2万円以上〜3万円未満:19%
・1万円以上〜2万円未満:37%
・1万円未満:7%
で、3万円以上の割合は37%です。
(20代・30代の場合です)

#出典:SMBC日興証券「年代別積立活用術」(外部リンク)

想定を上回る積立額

このように国内大手証券の野村證券、SMBC日興証券で投信積立を行っている個人投資家でも月の積立金額が3万円を超える割合は30%〜40%程度です。

その中、新たに始まったばかりのサービスである「ロボアドバイザー」の積立額が平均3万円というのは相当高いという印象です。

MSV LIFEの利用者の中には、既に積立投資を行っている個人投資家もいると考えられ、その場合「元々の積立金額+MSV LIFEの積立金額」を毎月積み立てる事になり、なかなかの負担です。

日経新聞の記事中にも下記の記載があります。

積立額が想定を大きく上回った要因について、同社の大原啓一社長は「目標達成に必要な投資額をしっかり助言していることがある」と分析する。

出典:日経新聞「ロボアドのMSV投資顧問は9割が積み立て派」(外部リンク)

#大原啓一氏は、MSV LIFE運営会社であるマネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社の社長です。

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の大株主であるマネックス証券でも「投信積立」サービスを提供していることから、マネックス証券における実績値等から予想していた毎月の積立額を大きく上回っていたものと予想されます。
#正確には、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の大株主はマネックスグループ株式会社で、マネックスグループ株式会社はマネックス証券のホールディングス会社です。

森金融庁長官の意向もあり、投信積立が業界をあげて推進している中「ロボアドバイザーで積立投資」という組み合わせは非常に注目です。

#なお、MSV LIFE(マネラップ)の積立は入金方法が特殊です。詳しくは「マネラップ(MSV LIFE)の毎月積立は都度入金?」をご覧ください。

関連記事:
マネラップ(MSV LIFE)- ロボアドバイザー紹介
マネラップ(MSV LIFE)の毎月積立は都度入金?
マネラップ(MSV LIFE)の運用実績
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの手数料比較
ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

 - ロボアド最新情報 ,

  関連ページ

WealthNavi(ウェルスナビ)
ウェルスナビが15億円の資金調達とSBI証券との業務提携を発表

ロボアドバイザー「WealthNavi」を提供するウェルスナビ株式会社が総額約1 …

ポートスター(PORTSTAR)
ポートスターを提供する金融機関が25社到達

三菱UFJ国際投信が提供するアドバイス型ロボアドバイザー「ポートスター(PORT …

株式会社Finsight
ロボアドバイザーの認知率は21.4%、ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

株式会社Finsightは「ロボアドバイザー認知に関する調査結果」を公表しました …

野村證券
野村證券がロボアドバイザーを提供準備中

野村證券がロボアドバイザー事業に参入すべく準備中であることが報道されています。 …

リスク管理特化型ロボアドバイザー「投資のおまもり」がリリース

2016年12月1日、リスク管理特化型ロボアドバイザー「投資のおまもり」がリリー …

▲ページトップへ