マネックス・セゾン・バンガード投資顧問のロボアドバイザー「MSV LIFE」が始動!

 

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資一任運用サービス「MSV LIFE」が2016年9月17日からスタートしました。

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問は、2015年8月に設立されており、準備期間1年を経てのサービス開始となります。

MSV LIFEは何と「1万円から運用可能」です。

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問とは?

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問は、
・マネックスグループ(マネックス証券)
・クレディセゾン
・バンガード・グループ・インク
3社の合弁会社です。

2015年8月に設立されており、サービス開始前から企業サイトは公開されていました。

参考:マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社(外部サイト)

MSV LIFEはマネックス証券から申込み可能

「MSV LIFE」は現在、マネックス証券からのみ申込み可能となっています。

この際、マネックス証券の証券総合取引口座が必要です。

マネックス証券に口座を持っていない場合は、口座開設が必要になります。

無料シミュレーション(体験コンサル)は口座不要

無料シミュレーション(体験コンサル)はマネックス証券の口座を持っていなくても「MSV LIFE」のサイトから行えます。

ただし、MSV LIFEの体験コンサルは「複雑で使いづらい」という印象です。各種ロボアドバイザーを試してきた中でも最難関クラスです。

まずは、下図のように大きく3つのパターンで予め用意された運用プランがありますので、そちらから見てみる・試してみることをオススメします。

#背景青色・白字の部分は全てクリック可能なボタンになっています

▼ためる

MSV LIFE 体験コンサル(ためる)

▼たのしむ

MSV LIFE 体験コンサル(たのしむ)

▼そなえる

MSV LIFE 体験コンサル(そなえる)

「ためる」「たのしむ」「そなえる」で入力項目が異なりますので、まずは3種類を見てみて、どのパターンでシミュレーションを行うかをまずは決めましょう。

MSV LIFEはロボアドバイザーなのか?

MSV LIFEはロボアドバイザーなのか?と言うと、非常に曖昧です。

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問のプレスリリース「マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社が 個人向けロボ・アドバイザーサービス「MSV LIFE」の提供を開始」では、タイトルでも「ロボ・アドバイザー」と記載があります。

また、リリース本文中にも以下の通り「ロボ・アドバイザー」と明記されています。

個人向け投資一任運用(ロボ・アドバイザー)サービス「MSV LIFE」(https://www.msvlife.jp/)※1 の提供を開始いたします。

ただし、MSV LIFEのサイト中の「よくある質問」では、以下の記載があります。

Q:ロボットが運用するのですか?

A:ロボットではありませんが、国内外の株式や債券などの実績データ等を用いて高度な統計的手法により、想定されるリスクリターンなどを当社が計算し、お客さまにとって最適な運用を行えるように努めております。

ロボットが運用するわけではないものの、ロボアドバイザーです、という見解のようです。

関連記事:
MSV LIFE(マネックス証券) – ロボアドバイザー紹介
マネラップ(MSV LIFE)の毎月積立は都度入金?
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの手数料比較
ロボアドバイザーの種類

 

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEOが新機能「ドル建て時価評価額の表示機能」をリリース

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」が9月15日、新機能をリリースしました。 新 …

アセットマネジメントOne
投信運用会社最大手のアセットマネジメントOneもロボアドバイザー提供へ

投資信託運用会社として国内最大手であるアセットマネジメントOne株式会社が、20 …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEOから「円高の影響と投資方針」についてメールが届きました

お金のデザイン提供のロボアドバイザー「THEO」は投資対象が海外ETFのため、最 …

みずほ証券
みずほ証券が「デジタルイノベーション室」でロボアドも検討

みずほ証券は2017年4月の組織改編でFinTech(フィンテック)の導入を促進 …

SBI証券
WealthNavi for SBI証券の申込件数が10営業日で3,500口座を突破

SBI証券が2017年1月31日から提供開始したロボアドバイザー「WealthN …

▲ページトップへ