野村證券がロボアドバイザー「野村のゴールベース」を提供開始

 

2016年11月14日、かねてから11月リリース予定とされていた野村證券のロボアドバイザーが提供開始されました。

野村證券のロボアドバイザーは「野村のゴールベース」という名称です。

また「資産運用助言型ロボアドバイザー 」と銘打たれており、助言型(当サイトでは「アドバイス型」と表記)であることが明記されています。

出典:野村證券のプレスリリース 資産運用助言型ロボアドバイザー「野村のゴールベース」の提供開始について(PDF)

野村のゴールベースの提案商品は?

野村證券が提供予定のロボアドバイザー情報が徐々に判明」で記載しましたが、「野村のゴールベース」が提案する商品は、予想通り「野村アセットマネジメント」が提供する投資信託に絞られていました。

具体的には、野村アセットマネジメントの「のむラップ・ファンド」です。

リスク許容度に応じて、のむラップ・ファンドの
・保守型
・やや保守型
・普通型
・やや積極型
・積極型
の5つの何れかが提示されます。

なお、野村総合研究所(NRI)との共同開発である旨も記載されており、具体的には「投資家タイプ診断」において野村総合研究所(NRI)が独自に作成したオリジナルの質問と解説が用いられています。

関連記事:
野村のゴールベース(野村證券) – ロボアドバイザー紹介
野村證券が提供予定のロボアドバイザー情報が徐々に判明
野村證券がロボアドバイザーを提供準備中
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの種類
ロボアドバイザーの手数料比較

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

WealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNavi(ウェルスナビ)が「リバランス機能付き追加投資」で特許取得

ロボアドバイザー「WealthNavi」を運営するウェルスナビ株式会社が「リバラ …

5人に1人がロボアドバイザーに興味有り?!

株式会社ジャストシステムが行ったアンケート調査「Fintechと金融サービスに関 …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
損益通算に必須!THEOの年間取引報告書入手には申込が必要

年末に向かい2017年の投資成績を振り返りつつ「損益通算」を意識するタイミングに …

FOLIO(フォリオ)
ロボアドバイザーFOLIOのサービスが明らかに(国内株式にテーマ型投資)

ロボアドバイザーを提供予定のベンチャー企業として注目を集めている「株式会社FOL …

東海東京証券
東海東京証券がロボアドバイザー「カライス」をリリース

名古屋に本社を置く準大手証券である「東海東京証券」が2016年11月7日、ロボア …

▲ページトップへ