野村證券が提供予定のロボアドバイザー情報が徐々に判明

 

先日「野村證券がロボアドバイザーを提供準備中」とお伝えした、野村證券のロボアドバイザーについて情報が徐々に公開されています。

2016年11月3日、
・日経新聞の「野村、運用指南「ロボアド」参入 若年層を開拓
・読売新聞の「投資家開拓、運用助言ロボ広がる…野村も参入へ
という記事が公表されました。

野村證券のロボアドバイザー(新聞記事のまとめ)

この中で、野村證券が準備中のロボアドバイザーについて
・2016年11月中旬に提供開始予定
・6つの質問に回答してリスク許容度を5段階に分類
・投資対象は投資信託
・商品を提案するだけのアドバイス型(投資一任運用ではない)
・最低購入金額は1万円前後
・メインターゲットは平日に忙しい会社員や若年層
・店頭でのアドバイスにも活用
という情報が分かりました。

「アドバイス型」「投資一任運用」については「ロボアドバイザーの種類」をご覧ください

6つの質問でオススメの投資信託をピックアップする事を考えると、野村證券のロボアドバイザーが提案する投資信託は「野村アセットマネジメント」が提供する投資信託に絞られているのかもしれません。

国内最大規模の顧客基盤を抱える野村證券がロボアドバイザーを提供することで、ロボアドバイザーの利用が加速する事に期待されます。

ただ、アドバイス型であり、仮に野村アセットマネジメントの投資信託からリスク許容度で機械的に提案されるだけだと、盛り上がるロボアド市場に冷水を刺す格好にならないかと不安でもあります。

関連記事:
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
野村證券がロボアドバイザーを提供準備中
ロボアドバイザーの手数料比較
ロボアドバイザーの市場規模

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの預かり残高が1ヶ月で10億円突破 – 楽天証券

楽天証券が提供するロボアドバイザー「楽ラップ」の預かり残高がサービス開始1ヶ月で …

SBI証券
WealthNavi for SBI証券の申込件数が10営業日で3,500口座を突破

SBI証券が2017年1月31日から提供開始したロボアドバイザー「WealthN …

東海東京証券
東海東京証券がロボアドバイザー「カライス」をリリース

名古屋に本社を置く準大手証券である「東海東京証券」が2016年11月7日、ロボア …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEO(テオ)で積立投資サービス「THEO積立」が開始!

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」で、積立サービスである「THEO積立」がスタ …

SMBC日興証券のロボアドバイザー「fund eye(ファンドアイ)」
SMBC日興証券から投信取引サポートツール「fund eye(ファンドアイ)」登場

2017年5月23日、SMBC日興証券が投信取引サポートツール「fund eye …

▲ページトップへ