野村證券がロボアドバイザーを提供準備中

 

野村證券がロボアドバイザー事業に参入すべく準備中であることが報道されています。

2016年10月3日、日経新聞主催のイベント「金融ニッポン・トップシンポジウム」に登壇した野村ホールディングス(野村證券のホールディングス会社)の永井CEOが、イベントでの講演で発表しました。

10月4日付の日経新聞朝刊では「金融ニッポン・トップシンポジウム」の記事が掲載されており、その中で野村HDのロボアドバイザー参入について言及されています。

出典:日経新聞:逆風下、成長探る 金融ニッポン・トップシンポ(有料会員限定記事)

追記:続報として野村證券が提供予定のロボアドバイザー情報が徐々に判明しています。

野村證券のロボアドバイザーとは?

野村證券/野村HDが提供予定のロボアドバイザーは、当サイトで分類している「アドバイス型」に該当し、投資一任契約は締結せず、運用方法について助言(アドバイス)するロボアドバイザーです。

参考記事:ロボアドバイザーの種類

顧客がゴールと投資金額を設定するとロボアドバイザーが投資家のタイプを分類し、運用方法を提案する仕組みです。

提供時期は日経新聞の記事では言及されていませんが、年内という噂です。

国内最大手の証券会社である野村證券がロボアドバイザーを提供開始すれば、ますますロボアドバイザーの普及が期待されます。

関連記事:
野村證券が提供予定のロボアドバイザー情報が徐々に判明
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの市場規模
ロボアドバイザーの手数料比較

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの預かり残高が1ヶ月で10億円突破 – 楽天証券

楽天証券が提供するロボアドバイザー「楽ラップ」の預かり残高がサービス開始1ヶ月で …

みずほ証券
みずほ証券が「デジタルイノベーション室」でロボアドも検討

みずほ証券は2017年4月の組織改編でFinTech(フィンテック)の導入を促進 …

MSV LIFE(マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資一任運用(ラップ)サービス)
MSV LIFE(マネラップ)利用者の積立金額は平均3万円/月!

日経新聞に「ロボアドのMSV投資顧問は9割が積み立て派」という記事が掲載されまし …

松井証券
松井証券のロボアドバイザー「投信工房」の詳細が明らかに

松井証券が提供準備中だったロボアドバイザーの詳細が明らかになりました。 松井証券 …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
新生銀行がTHEO(テオ)を提供へ

2017年5月9日、ロボアドバイザー「THEO(テオ)」を提供する株式会社お金の …

▲ページトップへ