SBI証券がファンドアドバイザー「SBI-ファンドロボ」をリリース

 

2016年7月21日、SBI証券がファンドアドバイザー「SBI-ファンドロボ」をリリースしました。

「ファンドアドバイザー」と聞きなれない言葉ですが、他のロボアドバイザー同様、いくつかの質問へ回答する流れで、最終的には1本〜3本の投資信託がオススメとして提示されます。

「SBI-ファンドロボ」を「ロボアドバイザー」として紹介すべきか悩みましたが、SBI証券のページに「いま、話題のロボットアドバイザー(ロボアド)がSBI証券からついに登場!!」と記載がありましたので、ロボアドとしてご紹介しています。

SBI-ファンドロボの特徴

SBI-ファンドロボは、下図の通り、1本〜3本の投資信託を提示します。

SBI-ファンドロボ

SBI証券が取り扱う日本国内の投資信託(投資対象は外株等も有り)の中から、
・純資産残高10億円以上
・運用実績3年以上
・モーニングスター社の高評価
でスクリーニングをかけられた約350本の投資信託の中からオススメの投資信託が提案されます。

SBI-ファンドロボ(SBI証券) – ロボアドバイザー紹介」でSBI-ファンドロボについて詳しくご紹介しましたので、こちらもご覧ください。

関連記事:
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの種類

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

松井証券
松井証券のロボアドバイザー「投信工房」の詳細が明らかに

松井証券が提供準備中だったロボアドバイザーの詳細が明らかになりました。 松井証券 …

5人に1人がロボアドバイザーに興味有り?!

株式会社ジャストシステムが行ったアンケート調査「Fintechと金融サービスに関 …

エイト証券
エイト証券が東証上場のETFを対象とするロボアドバイザー「クロエ」を発表

海外ETFを投資対象とするロボアドバイザー「8 Now!」を提供するエイト証券が …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
損益通算に必須!THEOの年間取引報告書入手には申込が必要

年末に向かい2017年の投資成績を振り返りつつ「損益通算」を意識するタイミングに …

FOLIO(フォリオ)
ロボアドバイザーFOLIOのサービスが明らかに(国内株式にテーマ型投資)

ロボアドバイザーを提供予定のベンチャー企業として注目を集めている「株式会社FOL …

▲ページトップへ