SBI証券がファンドアドバイザー「SBI-ファンドロボ」をリリース

 

2016年7月21日、SBI証券がファンドアドバイザー「SBI-ファンドロボ」をリリースしました。

「ファンドアドバイザー」と聞きなれない言葉ですが、他のロボアドバイザー同様、いくつかの質問へ回答する流れで、最終的には1本〜3本の投資信託がオススメとして提示されます。

「SBI-ファンドロボ」を「ロボアドバイザー」として紹介すべきか悩みましたが、SBI証券のページに「いま、話題のロボットアドバイザー(ロボアド)がSBI証券からついに登場!!」と記載がありましたので、ロボアドとしてご紹介しています。

SBI-ファンドロボの特徴

SBI-ファンドロボは、下図の通り、1本〜3本の投資信託を提示します。

SBI-ファンドロボ

SBI証券が取り扱う日本国内の投資信託(投資対象は外株等も有り)の中から、
・純資産残高10億円以上
・運用実績3年以上
・モーニングスター社の高評価
でスクリーニングをかけられた約350本の投資信託の中からオススメの投資信託が提案されます。

SBI-ファンドロボ(SBI証券) – ロボアドバイザー紹介」でSBI-ファンドロボについて詳しくご紹介しましたので、こちらもご覧ください。

関連記事:
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの種類

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEOが新機能「ドル建て時価評価額の表示機能」をリリース

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」が9月15日、新機能をリリースしました。 新 …

リスク管理特化型ロボアドバイザー「投資のおまもり」がリリース

2016年12月1日、リスク管理特化型ロボアドバイザー「投資のおまもり」がリリー …

MSV LIFE(マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資一任運用(ラップ)サービス)
MSV LIFE(マネラップ)利用者の積立金額は平均3万円/月!

日経新聞に「ロボアドのMSV投資顧問は9割が積み立て派」という記事が掲載されまし …

松井証券
松井証券が投資信託のロボアドバイザーを提供予定

松井証券が年内にロボアドバイザーを提供開始予定と報道されています。 松井証券は1 …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEOから「円高の影響と投資方針」についてメールが届きました

お金のデザイン提供のロボアドバイザー「THEO」は投資対象が海外ETFのため、最 …

▲ページトップへ