ロボアドバイザーの認知率は21.4%、ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

 

株式会社Finsightは「ロボアドバイザー認知に関する調査結果」を公表しました。

調査結果では、ロボアドバイザーの認知率は21.4%、ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%もあります。

・ロボアドバイザーの認知率は21.4%
・男性20代の認知率が最も高く46%
・海外資産への投資経験者で認知率が高い
・ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

出典:<ロボアドバイザー認知に関する調査結果>男性20代が認知率最大の46%、若い世代で普及が進む(外部リンク)

調査結果の内容

ロボアドバイザーの認知率の具体的な内訳は、
・利用したことがある:2.6%
・知っている:3.8%
・聞いたことはあるが、あまり知らない:15.0%
・聞いたこともなく、知らない:78.6%
です。
(調査母数は500サンプル)

この認知者
・利用したことがある:2.6%
・知っている:3.8%
・聞いたことはあるが、あまり知らない:15.0%
の合計21.4%の回答者の内、43.9%がロボアドバイザーの利用意向を示しています。

利用意向の内訳は、
・是非利用したい:10.3%
・どちらかというと利用したい:33.6%
・今は興味がない:49.5%
・利用したくない:6.5%
です。

当インターネット調査は、2017年2月10日(金)〜14日(火)に実施されているため、大和証券の「ダイワファンドラップ オンライン」やSBI証券の「WealthNavi for SBI証券」、エイト証券の「クロエ」等がリリースされた後となり、認知率や利用意向が高まったタイミングと考えられます。

#大和証券のダイワファンドラップ オンラインはテレビCMも打ちましたし、SBI証券も積極的に既存顧客へのプロモーションを行っていました。

海外資産への投資経験者で認知率が高い

その他、投資経験別の認知率では海外資産への投資経験者で認知率が高い結果が出ています。

投資経験別のロボアドバイザー認知率(株式会社Finsightの調査結果)出典:株式会社Finsight <ロボアドバイザー認知に関する調査結果>男性20代が認知率最大の46%、若い世代で普及が進む(外部リンク)

分散投資による長期投資が前提となるロボアドバイザーとFXの相性が良いようには感じませんが、国内債券の投資経験者の認知率も高いことから「資産や地域の分散投資」に感度が高い個人投資家の間でロボアドバイザーの認知が広がっているのかもしれません。

関連記事:
投資商品非保有者の24%がロボアドバイザーに関心あり
5人に1人がロボアドバイザーに興味有り?!
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの市場規模

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

WealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNaviの預かり資産が100億円を突破!正式サービス開始9ヶ月で

ロボアドバイザー「WealthNavi」を提供するウェルスナビ株式会社は、201 …

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの資産残高はサービス開始3ヶ月で約50億円

2016年7月に楽天証券がサービスを開始した「楽ラップ」の資産残高がサービス開始 …

ロボアドバイザー(ロボアド)
WealthNaviとTHEOの業績を比較!(2017年4月)

2017年3月31日にWealthNavi、2017年4月4日にTHEOから相次 …

5人に1人がロボアドバイザーに興味有り?!

株式会社ジャストシステムが行ったアンケート調査「Fintechと金融サービスに関 …

アセットマネジメントOne
投信運用会社最大手のアセットマネジメントOneもロボアドバイザー提供へ

投資信託運用会社として国内最大手であるアセットマネジメントOne株式会社が、20 …

▲ページトップへ