損益通算に必須!THEOの年間取引報告書入手には申込が必要

 

年末に向かい2017年の投資成績を振り返りつつ「損益通算」を意識するタイミングになりました。

ロボアドバイザー投資による損益も当然ながら「損益通算」の対象になります。

そこで、損益通算(確定申告)に必要な年間取引報告書をTHEO(テオ)から取得する方法をご紹介します。

THEOでは、申し込まないと年間取引報告書は入手できません。申込が必要です。

THEOで年間取引報告書の郵送を申し込む

まずはTHEOにログインします。

1)マイページから「設定」をクリック

ログイン後のマイページ右上をクリックして、メニューを表示させ、下部の「設定」をクリックします。

THEO(テオ)のマイページ

2)設定ページで「お客様情報」をクリック

続いて、下図の通り、設定ページの「お客様情報」をクリックします。

THEO(テオ)の設定ページ

3)お客さま情報の「詳細」をクリック

ここが最大の難関です。

お客さま情報ページの「詳細」をクリックします。下図の赤線で囲った箇所です。

THEO(テオ)のお客様情報ページ

4)年間取引報告書(2017年分)の郵送請求を行う

「詳細」をクリックすると下図の通り、年間取引報告書(2017年分)の郵送請求ページに移ります。

ページ下部の青色ボタン「年間取引報告書を郵送請求する」をクリックします。

THEO(テオ)で年間取引報告書の郵送を申し込む

これで郵送の申込みは完了です。

「年間取引報告書を郵送請求する」をクリックすると下図の通り、完了した旨が表示されます。

THEO(テオ)で年間取引報告書の郵送請求が完了

後は年間取引報告書が郵送されてくるのを待つばかりです。

なお、多くの証券会社では1月上旬〜中旬には年間取引報告書が郵送されてきますが、THEOでは「1月22日以降に順次発送」というスケジュールです。

また、THEOに登録している住所に間違いがないか、念のため確認しましょう。

関連記事:
THEO(テオ) – ロボアドバイザー紹介
THEO(テオ)の運用実績
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの選び方
ロボアドバイザーの手数料比較
ロボアドバイザーの認知率は21.4%

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの預かり残高が1ヶ月で10億円突破 – 楽天証券

楽天証券が提供するロボアドバイザー「楽ラップ」の預かり残高がサービス開始1ヶ月で …

大和証券
大和証券のロボアドバイザー「ダイワファンドラップ オンライン」の詳細が明らかに

2017年1月17日、昨年から準備中と伝えられていた大和証券のロボアドバイザー「 …

投資商品非保有者の24%がロボアドバイザーに関心あり

東海東京証券が実施したインターネット調査によると、投資商品非保有者の24%がロボ …

東海東京証券
東海東京証券がロボアドバイザー「カライス」をリリース

名古屋に本社を置く準大手証券である「東海東京証券」が2016年11月7日、ロボア …

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップで債券の構成比率が大幅見直し・新ファンドも追加

楽天証券のロボアドバイザー「楽ラップ」では、 ・2017年2月14日に債券の構成 …

▲ページトップへ