WealthNavi for SBI証券の預かり資産が50億円突破!(サービス開始50営業日)

 

ロボアドバイザー「WealthNavi」を運営するウェルスナビ株式会社が、2017年4月12日に発表したプレスリリースにより、「WealthNavi for SBI証券」の預かり資産が50億円を突破した事が明らかになりました。

50億円突破に要した日数は、WealthNavi for SBI証券のサービス開始から「たったの50営業日」です。

WealthNavi for SBI証券の申込件数も発表されており、WealthNavi for SBI証券の申込件数は10,000口座に達しています。

出典:ウェウルスナビ株式会社のプレスリリース 「WealthNavi for SBI証券」サービス開始50営業日で申込件数10,000口座・預かり資産50億円を突破(外部リンク:PR TIMES)

なお、WealthNavi for SBI証券の申込件数は10営業日で3,500口座を突破していました。10営業日に比べると次の40営業日の増加数は鈍化しているものの、サービス開始直後はSBI証券が大々的に顧客にプロモーションを行っていたので、多少の鈍化は仕方がない範囲と予想しています。

また、ウェルスナビ株式会社から2017年3月31日に公表されたリリースと、ロボアドバイザー「THEO」を運営する株式会社お金のデザインから2017年4月4日に公表されたリリースのデータをもとに、WealthNaviとTHEOの業績比較を行ってみました。

WealthNaviとSBI証券の関係

ロボアドバイザー「WealthNavi for SBi証券」が提供されている背景には、ウェルスナビ株式会社とSBIホールディングス(SBI証券のホールディングス会社)の資本提携、さらにSBI証券および住信SBIネット銀行との業務提携があります。

#詳しくは「ウェルスナビが15億円の資金調達とSBI証券との業務提携を発表」をご覧ください。

サービス開始から僅か50営業日で預かり資産50億円を突破したことを考えると、ネット証券最大手のSBI証券との業務提携は大正解と考えられます。

なお、WealthNaviは本来、最低投資金額が100万円であり、他のロボアドバイザーに比べて圧倒的に敷居が高いのですが「WealthNavi for SBI証券」は最低投資金額が30万円と大幅に敷居が下げられている点も、50営業日で1万口座、50億円を達成した要因と予想しています。

実際、2017年4月からはWealthNaviでも最低投資金額を30万円に引き下げるキャンペーンを開始しています。

高機能なロボアドバイザー「WealthNavi」の今後がまずます楽しみです。

関連記事:
WealthNavi(ウェルスナビ) – ロボアドバイザー紹介
WealthNavi for SBI証券 – ロボアドバイザー紹介
WealthNavi for 住信SBIネット銀行が登場!
WealthNavi(ウェルスナビ)が「リバランス機能付き追加投資」で特許取得
ロボアドバイザーの手数料比較
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

SBI証券
WealthNavi for SBI証券の申込件数が10営業日で3,500口座を突破

SBI証券が2017年1月31日から提供開始したロボアドバイザー「WealthN …

WealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNaviの預かり資産が100億円を突破!正式サービス開始9ヶ月で

ロボアドバイザー「WealthNavi」を提供するウェルスナビ株式会社は、201 …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEO(テオ)で積立投資サービス「THEO積立」が開始!

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」で、積立サービスである「THEO積立」がスタ …

みずほ銀行
みずほ銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)にロボアドを導入

みずほ銀行が個人型確定拠出年金(個人型DC、iDeCo)にロボアドバイザー機能を …

東海東京証券
東海東京証券がロボアドバイザー「カライス」をリリース

名古屋に本社を置く準大手証券である「東海東京証券」が2016年11月7日、ロボア …

▲ページトップへ