WealthNavi for SBI証券の申込件数が10営業日で3,500口座を突破

 

SBI証券が2017年1月31日から提供開始したロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」の申込件数が10営業日で3,500口座を突破したことが、SBI証券からリリースされました。

出典:SBI証券プレスリリース ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」申込件数3,500口座突破のお知らせ(外部リンク)

「WealthNavi」の最低投資額が100万円であるのに対して、「WealthNavi for SBI証券」の最低投資額は30万円と敷居が低く設定されている点も魅力的です。

なお、SBI証券のプレスリリースでは、以下のように要因分析がされています。

このたびサービス開始わずか10営業日で3,500件を超えるお申込みをいただいたのは、年率1%※1(税別)という低価格かつシンプルな手数料で、手軽に世界水準の金融アルゴリズムを利用できる点が評価されたものと考えております。

また、同プレスリリースにて”今後もスマートフォン向けアプリやアグリゲーションサービス(当社WEBサイトでの「WealthNavi for SBI証券」の残高情報表示)の提供など”を予定している点が告知されています。

上記の「アグリゲーションサービス」は、恐らく楽天証券が提供するロボアドバイザー「楽ラップ」のように資産一覧の中にロボアドバイザーの資産残高も表示可能とする事を指していると予想されます。つまり、SBI証券にログインすると保有資産の中に「WealthNavi for SBI証券」の資産残高も表示される形です。

今後の機能拡張に期待です。

追記:2017年4月、WealthNavi for SBI証券はサービス開始50営業日で申込件数1万口座、預かり資産が50億円を突破しました

関連記事:
WealthNavi for SBI証券 – ロボアドバイザー紹介
WealthNavi(ウェルスナビ) – ロボアドバイザー紹介
ウェルスナビが15億円の資金調達とSBI証券との業務提携を発表
WealthNavi for 住信SBIネット銀行が登場!
楽ラップの預かり残高が1ヶ月で10億円突破 – 楽天証券

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

東海東京証券
東海東京証券がロボアドバイザー「カライス」をリリース

名古屋に本社を置く準大手証券である「東海東京証券」が2016年11月7日、ロボア …

野村證券
野村證券がロボアドバイザー「野村のゴールベース」を提供開始

2016年11月14日、かねてから11月リリース予定とされていた野村證券のロボア …

日経新聞
日経新聞による「ロボット・アドバイザー」の定義

2016年8月26付の日経新聞の記事「ロボット運用、日本で起動 世界最大手など2 …

SMBC日興証券のロボアドバイザー「fund eye(ファンドアイ)」
SMBC日興証券から投信取引サポートツール「fund eye(ファンドアイ)」登場

2017年5月23日、SMBC日興証券が投信取引サポートツール「fund eye …

じぶん銀行
じぶん銀行がFXのロボアドバイザーを提供準備?!

KDDIと三菱東京UFJ銀行の合弁会社である「じぶん銀行」が、人工知能(AI)を …

▲ページトップへ