WealthNavi(ウェルスナビ)が「リバランス機能付き追加投資」で特許取得

 

ロボアドバイザー「WealthNavi」を運営するウェルスナビ株式会社が「リバランス機能付き追加投資」について2つの特許を取得したことが、2017年3月28日にリリースされました。

また、2017年1月には「自動税金最適化(DeTAX)」機能に関する特許も取得しており、WealthNaviが特許戦略も重視している事が伺えます。

特に「自動税金最適化(DeTAX)機能」については「WealthNavi(ウェルスナビ) – ロボアドバイザー紹介」でも記載しましたが、10年、20年、30年と運用することを考えた際に非常に重要となる「複利効果」を最大化する上で非常に効果的と考えられる機能です。

なお「リバタンス機能付き追加投資」機能については、プレスリリース中で以下の通り説明されています。

「WealthNavi」では、追加投資を行う際、追加投資後のお客様のポートフォリオを最適に保つよう、購入する銘柄や数量を決めるものです。積立投資を行っている場合には、毎月の積立のたびにポートフォリオの配分比率が最適なものに近づき、より効率的な運用が期待されます。なお、この「リバランス機能付き追加投資」では保有銘柄の売却は行わず、追加資金による購入のみが行われます。

一部解約の場合も同様に、各銘柄をポートフォリオの構成割合で売却するのではなく、一部解約後のお客様のポートフォリオが最適ポートフォリオに近づくように、売却する銘柄や数量を決めています。このリバランス機能付き一部解約も、ポートフォリオの最適性を維持することで効率的な運用に貢献すると考えられます。

出展:ウェルスナビ株式会社のプレスリリース:ロボアドバイザー「WealthNavi」に関する特許取得について(外部リンク:PR TIMES)

参考:ロボアドバイザーの「リバランス」って何?

WealthNaviはSBI証券、住信SBIネット銀行でも提供されており、急激に利用者を増やしているロボアドバイザーです。

特許に裏打ちされた技術で投資家の長期的な資産形成を助けてくれるロボアドバイザーとして期待が膨らみます。

関連記事:
WealthNavi(ウェルスナビ) – ロボアドバイザー紹介
WealthNavi for SBI証券 – ロボアドバイザー紹介
WealthNavi for 住信SBIネット銀行が登場!
WealthNavi for SBI証券の申込件数が10営業日で3,500口座を突破
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
新生銀行がTHEO(テオ)を提供へ

2017年5月9日、ロボアドバイザー「THEO(テオ)」を提供する株式会社お金の …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEO(テオ)で積立投資サービス「THEO積立」が開始!

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」で、積立サービスである「THEO積立」がスタ …

野村證券
野村證券がロボアドバイザー「野村のゴールベース」を提供開始

2016年11月14日、かねてから11月リリース予定とされていた野村證券のロボア …

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの資産残高はサービス開始3ヶ月で約50億円

2016年7月に楽天証券がサービスを開始した「楽ラップ」の資産残高がサービス開始 …

SMBC日興証券のロボアドバイザー「fund eye(ファンドアイ)」
SMBC日興証券から投信取引サポートツール「fund eye(ファンドアイ)」登場

2017年5月23日、SMBC日興証券が投信取引サポートツール「fund eye …

▲ページトップへ