ウェルスナビが15億円の資金調達とSBI証券との業務提携を発表

 

ロボアドバイザー「WealthNavi」を提供するウェルスナビ株式会社が総額約15億円の資金調達を行うことが、2016年10月12日発表されました。

同時にSBI証券、住信SBIネット銀行との業務提携も発表されています。

資金調達内容

ウェルスナビが今回行った資金調達では、
・SBIホールディングス
・SBIインベストメント
・みずほキャピタル
・SMBCベンチャーキャピタル
・DBJキャピタル
・インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ
が引受先です。

この資金調達がシリーズBとなり総額は約15億円、会社設立以降1年半で総額21億円超の資金調達となります。

シリーズAでは、
・グリーベンチャーズ
・インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ
・みずほキャピタル
・SMBCベンチャーキャピタル
・三菱UFJキャピタル
・DBJキャピタル
・グリーベンチャーズ
・インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ
が引受先でした。

今回の資金調達によって株主には
・三菱東京UFJ銀行系
・みずほ銀行系
・三井住友銀行系(SMBC)
・SBI
の4つの金融機関が並ぶことになります。

現状、WealthNaviは最低投資額が100万円となっており、運用目標も細かく設定可能なため、THEOや楽ラップを利用している個人投資家とは異なる客層と考えられ、大手金融機関とのシナジーが期待されているのかもしれません。

SBI証券、住信SBIネット銀行との業務提携

SBI証券との業務提携では、ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券(仮称)」を提供予定です。

SBI証券の口座数は約360万口座とされていますので、ロボアドバイザー「WealthNavi」の顧客数を一気に増やす起爆剤として期待されます。

なお、SBI証券は既に「SBIファンドロボ」という投資信託を提案するロボアドバイザーを提供していますが、あくまでもSBI証券で取り扱いのある投資信託から1〜3本提案されるだけのロボアドですので、「SBIファンドロボ」と「WealthNavi for SBI証券(仮称)」は重複しないと考えられます。

住信SBIネット銀行との業務提携では、同じくロボアドバイザー「WealthNavi for 住信SBIネット銀行(仮称)」を提供予定です。

住信SBIネット銀行の口座数は約260万口座とされていますが、SBI証券と住信SBIネット銀行、両社の口座を開設している顧客も多いのではないかと予想され、店舗を持たないネット銀行で資産運用(ロボアドバイザー)を提案して、果たして効果が見込まれるのかは疑問です。

今回のSBIグループとの資本・業務提携は、WealthNavi(ウェルスナビ)の飛躍が期待されます。

#追記:2017年1月31日に「WealthNavi for SBI証券」がSBI証券からリリースされました。
#追記:2017年2月28日に「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」がリリースされました。
#追記:2017年4月11日時点でWealthNavi for SBI証券はサービス開始50営業日で申込件数1万口座、預かり資産が50億円を突破しました

関連記事:
WealthNavi(ウェルスナビ) – ロボアドバイザー紹介
SBI-ファンドロボ(SBI証券) – ロボアドバイザー紹介
ロボアドバイザーの手数料比較
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧

 - ロボアド最新情報

  関連ページ

野村證券
野村證券がロボアドバイザーを提供準備中

野村證券がロボアドバイザー事業に参入すべく準備中であることが報道されています。 …

松井証券
松井証券のロボアドバイザー「投信工房」の詳細が明らかに

松井証券が提供準備中だったロボアドバイザーの詳細が明らかになりました。 松井証券 …

エイト証券
エイト証券が東証上場のETFを対象とするロボアドバイザー「クロエ」を発表

海外ETFを投資対象とするロボアドバイザー「8 Now!」を提供するエイト証券が …

株式会社Finsight
ロボアドバイザーの認知率は21.4%、ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

株式会社Finsightは「ロボアドバイザー認知に関する調査結果」を公表しました …

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEOが新機能「ドル建て時価評価額の表示機能」をリリース

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」が9月15日、新機能をリリースしました。 新 …

▲ページトップへ