THEOの運用実績を公開:+10.52%(2017年3月31日)

 

ロボアドバイザー「THEO」を実際に利用した結果(運用実績)です。

前回3月2時点のTHEOの運用状況を公開しましたが、今回は2017年3月末(厳密には3月31日時点)の実績です。

円建ての評価額は前回の+11.17%から+10.52%となり、この一ヶ月で0.65%のマイナスです。

個別銘柄を確認すると、2ヶ月前に購入されたメキシコ株ETFが売却され、韓国株ETFが購入される動きがありました。詳しくは後述します。

なお、楽天証券のロボアドバイザー「楽ラップ」の運用実績も合わせて公開中です。また、2017年3月からは「マネラップ(MSV LIFE)」の運用も開始したため合わせて運用実績を公開しています。

#参考
楽ラップの運用実績
楽ラップの運用実績を公開:+7.67%(2017年3月31日)
マネラップ(MSV LIFE)の運用実績を公開:-1.39%(2017年3月31日)

THEO(テオ)の運用実績は+10.52%

2016年4月から最小投資額の10万円で運用を開始しました。

■円建て評価

1ヶ月間で-0.65%の動きしかなく、余り報告しがいのない結果でした。

THEO(テオ)の円建て評価額(2017年3月末時点)

3月末にかけて少し下がったものの上昇に転じて3月末を終えていますが、主に為替の影響と考えられます。

以下のドル建て評価額の動きはなだらかです。

■ドル建て評価

2016年9月末実績から公表を開始している「ドル建て」の時価評価額です。

前回の3月1日時点では、ドル建て評価は+6.52%に上昇していましたが、2017年3月31日時点では+6.68%まで微増しています。

THEO(テオ)のドル建て資産評価額(2017年3月末時点)

ドル建て評価額は安定した動きが続いている印象です。

ポートフォリオ別の収益率

ポートフォリを別に収益率を確認すると
・グロース(主に株式)は+22.99%(先月+20.06%)
・インカム(主に債権)は-2.24%(先月-3.52%)
・インフレ(主にREIT、コモディティ等)は+2.80%(先月+2.58%)
となります。

THEO(テオ)のポートフォリオ(2017年3月末時点)

「現金など」の残高が3月1日は642円でしたが、3月31日は1,606円と1,000円近く増えていますが、これは
・3月にETFの分配金入金が集中していたこと
・ETFの入れ替えが多かったこと
が要因と考えられます。

2017年2月2日時点の運用報告で記載しましたが、2月2日に購入された「EWW:メキシコ株(iシェアーズ MSCI メキシコ・キャップト ETF)」は売却されました!
#参考:THEOの運用実績を公開:+9.44%(2017年2月2日)

・円建てで+155円(取得費用:5,114円)
・ドル建てで+1.79ドル(取得費用:44.84ドル)
でした。

そして今度は「EWY:韓国の大型株・中型株(iシェアーズMSCI韓国キャップトETF)」が購入されました。

サムスン等が揺れている中での韓国株への投資です。

THEOの投資アルゴリズムは興味深いですね。

関連記事:
THEO(テオ)の運用実績
THEO(テオ) – ロボアドバイザー紹介
THEO(テオ)の手数料(運用報酬)を公開
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの手数料比較

 - 運用実績 ,

  関連ページ

THEO(テオ)お金のデザインのロボアドバイザー
THEOの運用実績を公開:-1.38%(2016年11月1日)

ロボアドバイザー「THEO」を実際に利用した結果(運用実績)です。 前回9月29 …

MSV LIFE(マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資一任運用(ラップ)サービス)
マネラップ(MSV LIFE)の運用実績を公開:-1.39%(2017年3月31日)

ロボアドバイザー「マネラップ(MSV LIFE)」を実際に利用した結果(運用実績 …

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの運用実績を公開:+7.67%(2017年3月31日)

楽天証券のロボアドバイザー「楽ラップ」を実際に利用した結果(運用実績)です。 前 …

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの運用実績を公開:+6.00%(2017年2月3日)

楽天証券のロボアドバイザー「楽ラップ」を実際に利用した結果(運用実績)です。 前 …

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップの運用実績を公開:+9.71%(2017年5月31日)

楽天証券のロボアドバイザー「楽ラップ」を実際に利用した結果(運用実績)です。 前 …

▲ページトップへ