ポートスター(三菱UFJ国際投信) – ロボアドバイザー紹介

 

ポートスター(PORTSTAR)」は三菱UFJ国際投信が提供するロボアドバイザーです。

ポートスターの最大の特徴は、三菱UFJ国際投信という「投資信託の運用会社」が提供しているロボアドバイザーという点です。

日本国内で提供されているロボアドバイザーの多くは証券会社または銀行が提供していますが、ポートスター(PORTSTAR)は商品(投信)そのものを運用する会社が提供するロボアドバイザーです。

ポートスターはアドバイス型のロボアドバイザーで、5つの質問に答えると三菱UFJ国際投信が提供している投資信託「eMAXIS」シリーズの投資信託が提示されます。

また、東海東京証券のロボアドバイザー「カライス」など、OEMに似た形で別の金融機関向けに提供されている点も投資信託の運用会社が提供するロボアドならではと言えるかもしれません。

ポートスター(PORTSTAR)の概要

・提供会社:三菱UFJ国際投信株式会社
・アドバイス型
・サービス開始日:2016年3月31日
・投資対象:投資信託
・最低投資金額:-
・手数料:-

取り扱い投資信託は、三菱UFJ国際投信が提供する投資信託「eMAXIS」シリーズの中から「最適化バランス」の5つです。

ポートスター(PORTSTAR)の特徴

ポートスターの特徴は以下の通りです。

1)アドバイス型
2)投資信託の運用会社が提供するロボアドバイザー
3)投資対象は三菱UFJ国際投信のバランス型投資信託
4)5つの投資信託はノーロード・信託報酬も低い
5)多くの金融機関で導入済み

1)アドバイス型

ポートスターは、THEO、WealthNavi、MSV LIFE、8 Now!、楽ラップなどの投資一任契約に基づくロボアドバイザーとは異なり、あくまでも「この投資信託がオススメです」と提案する「アドバイス型」のロボアドバイザーサービスです。

#詳しくは「ロボアドバイザーの種類」をご覧ください

この点は、野村證券が提供するロボアドバイザー「野村のゴールベース」と非常に似ています。

2)投資信託の運用会社が提供するロボアドバイザー

ポートスターを提供する三菱UFJ国際投信は、投資信託の運用会社です。

ロボアドバイザー(ロボアド)一覧」に日本国内で提供されているロボアドバイザーの一覧を記載していますが、投資信託の運用会社が提供するロボアドバイザーはポートスター(PORTSTAR)のみです。

*2016年11月21日現在

3)投資対象は三菱UFJ国際投信のバランス型投資信託

当然といえば当然ですが、ポートスターは投資信託の運用会社が提供するロボアドバイザーですので、ポートスターが提示する投資対象商品は、三菱UFJ国際投信が設定・運用する投資信託です。

具体的には「eMAXIS」シリーズの中で「最適化バランス」と呼ばれる5つの投資信託から1つが選ばれます。

この点は、ポートスターのWEBサイトで以下の通り明記されています。

本ツールで投資家に提示されるファンドは当社ファンドであるeMAXIS最適化バランスに限定されており、これ以外の当社および他社ファンドや、さらには投資信託以外の金融商品は提示の対象に含まれておりません。

本ツールはバランス・ファンドが適合すると考えられる投資家に対して、eMAXIS最適化バランスを構成する5ファンドの中から当該投資家にとって最適と当社が考える1ファンドを一例として提示するものですが、投資家ごとにその知識、経験、財産の状況、および投資目的は異なることから全ての投資家に当てはまるものではありません。

「最適と当社が考える1ファンドを一例として提示する」など、非常に回りくどい表現ですが、立て付けとしてポートスターによる診断と商品提示は「勧誘」ではないためと考えられます。

4)5つの投資信託はノーロード・信託報酬も低い

三菱UFJ国際投信が設定・運用する投資信託である「eMAXIS」シリーズは元々良心的な手数料設定で比較的人気の投資信託です。

そして、ポートスターの対象となる5つの投資信託も手数料設定は良心的で
・ノーロード(購入時の手数料無料)
・信託報酬0.54%(税込)
です。

野村證券のロボアドバイザー「野村のゴールベース」が対象とする投資信託「のむラップ・ファンド」が
・購入手数料1.08%(税込)
・信託報酬1.1664%〜年1.4904%(税込)
である事からも、eMAXISシリーズの手数料設定が低く抑えられている点が伺えます。

なお、ポートスターが提示する5つの投資信託は具体的には以下の5つです。

・eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー)
・eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー)
・eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)
・eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード)
・eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー)

各投資信託のリスクとリターンについては、イメージとして下図が示されています。

ポートスターが提示する投資信託eMAXISシリーズの「最適化バランス」のリスクとリターン

出典:eMAXIS 最適化バランス(マイ ストライカー)

5)多くの金融機関で導入済み

先述の通り、ポートスターは投資信託の設定・運用会社である三菱UFJ国際投信が提供するロボアドバイザーです。

かつ、三菱UFJ国際投信は個人投資家へ直接販売(直販)は行っていないため、運用する投資信託は、販売代理店である証券会社や銀行が個人投資家へ販売する形式です。

そのため、非常に自然な流れとして、ポートスターは多くの証券会社や銀行に提供されており、各金融機関がポートスターを提供しています。

例えば、
・東海東京証券の「カライス」
・滋賀銀行
・千葉銀行
・広島銀行
・山形銀行
・北海道銀行
・琉球銀行
が導入・提供済みです。

2016年12月、東海東京証券からポートスターを提供する金融機関が25社到達した事がリリースされました。

*東海東京証券の「カライス」はOEMのような形での提供と考えられます。詳しくは「カライス(東海東京証券) – ロボアドバイザー紹介」をご覧ください。

ポートスター(PORTSTAR)のまとめ

三菱UFJ国際投信のロボアドバイザー「ポートスター(PORTSTAR)」は、何よりも投資信託の設定・運用会社が提供するロボアドである点が最大の特徴です。

そのため
・提示する金融商品は三菱UFJ国際投信が運用するeMAXISシリーズの投資信託
・証券会社や銀行等、他の金融機関へポートスターを提供
するという形になります。

提示される投資信託の手数料は良心的な設定となっており「自動でリバランスしてくれるバランス型投資信託」を紹介する機能としては良いロボアドバイザーだと考えています。

関連記事:
ロボアドバイザー(ロボアド)一覧
ロボアドバイザーの種類
ロボアドバイザーの手数料比較
リバランスって何?
カライス(東海東京証券) – ロボアドバイザー紹介

 - ロボアド紹介

  関連ページ

野村證券
野村のゴールベース(野村證券) – ロボアドバイザー紹介

「野村のゴールベース」は野村證券が提供するロボアドバイザーです。 野村のゴールベ …

ロボアドバイザー(ロボアド)
ロボアドバイザーの種類

注目を集める「ロボアドバイザー」と言われるサービスには、実は複数の種類があります …

MSV LIFE(マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資一任運用(ラップ)サービス)
マネラップ(MSV LIFE)の毎月積立は都度入金?

マネックス証券が提供するロボアドバイザー「マネラップ(MSV LIFE)」の機能 …

楽ラップ(楽天証券のロボアドバイザー)
楽ラップ(楽天証券) – ロボアドバイザー紹介

「楽ラップ」は楽天証券が提供するロボアドバイザーです。 手数料体系が ・固定報酬 …

SBI証券
WealthNavi for SBI証券 – ロボアドバイザー紹介

「WealthNavi for SBI証券」はSBI証券が提供するロボアドバイザ …

▲ページトップへ